スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えとシャングリ・ラ

もうGWも終わっていますね。
今年は「熱が出たときに餅つきすると頭に響くからやめた方がよい」というどうでもよい教訓を得ました。
「田植機に乗って田んぼの真ん中で立ち往生する」という本来の目的は果たせず仕舞い。
来年に持ち越しです。


今回は「シャングリ・ラ」を行き帰りに読んだけどこれ面白いです。
アマゾンからあらすじ引っ張ってきましたが、
「地球温暖化の影響で東京は熱帯の都市へと変貌した。都心の気温を5℃下げるために東京は世界最大の森林都市へと生まれ変わる。しかし地上は難民で溢れ、積層都市アトラスへと居住できる者はごく僅かだった。地上の反政府ゲリラは森林化を阻止するために立ち上がった 」

だそうですが一言で言うと「経済に強いナウシカ」
人が生きていけない高濃度酸素の森って腐海だよなあ。
地球温暖化、二酸化炭素排出権取引とかの時事問題を詰め込んだ舞台設定は魅力的。
ストーリーは少女の成長物語でアニメっぽい話だけど、連載がニュータイプだそうなのでそりゃー仕方がありますまい。

ついでにアニメでは原作でかわいそうな扱いだった草薙が主人公の國子とくっつきそうな案配ですね。
私は、ニューハーフに「冷凍マグロ」とけなされたり、ドSの美女に草むらに連れ込まれたり、國子に「モモコさんの性奴隷として飼ってあげる」と言われていたかわいそうな原作の草薙が好きなのですが、深夜とはいえ放送コードに引っかかって無理でしょう。
カムバックかわいそうな草薙。

今期のアニメはノーチェックだったので、OPがシェリルでびっくりした。
すっかりメインはアニソンの人になってしまっているねえ。

【読んだ本】

〈覇者の戦塵)シリーズ 谷甲州
Cノベルズ
■「オホーツク海戦」
■「謀略熱河戦線」
■「1939 殲滅ノモンハン機動戦」 上・下
■「1942 撃滅北太平洋航空戦」 上・下
■「1942 急進真珠湾の蹉跌」
■「1942 反攻ミッドウェイ上陸戦」 上・下
■「1942 激突シベリア戦線」 上・下
■「1943 激闘東太平洋海戦」1~4
■「1943 ダンピール海峡航空戦」 上・下
■「1943 ニューギニア攻防戦」 上・下
■「1944 インド洋航空戦」上・下
■「1943 電子兵器奪取」
■「1943 空中雷撃」
(地味ーに面白いこのシリーズ。
仮想戦記なのにこれほど「痛快」という言葉が似合わない話もない。
補給、情報戦、技術開発とか地味な部分にメインスポットが当てられているので
戦闘行為そのものの割合が低いけど、いやー面白ーい。
それにしても山本五十六の死すら数行で片付けられていることに戦慄した。
「覇者の戦塵」という格好いいシリーズ名なのに日本はじりじりと戦争に負けそうだし、
鉄砲の弾一つ飛ばない巻もあるし、軍隊という巨大官僚機構で足の引っ張り合いをしとるし、登場人物は一人を除いてどこにでもいそうなおっさんたちだし。
なんといういぶし銀)

■「禁じられた敵討」中村 彰彦
文春文庫
(味わい深い短編集。会津ものってそれだけで泣ける。
しかし二本松少年隊の短編は別の本にも入ってた気がする。
でも何度でも泣ける。お得)

■「ネクロポリス」上・下 恩田陸
朝日文庫
(読み始めてミステリーだと気がついた。かわいいお話だった)

■「シャングリ・ラ」上・下 池上永一
角川文庫
(上にも書いたとおり経済ナウシカ。…経済ヤクザのような字面だな)

■「ガール」奥田 英朗
講談社文庫

■「疫病神」黒川博行
新潮文庫

■「お嬢さまとお呼び!」
「お嬢さまボロもうけ」
「お嬢さまと青バラの君」
森奈津子 エンターブレイン
(あんまり懐かしくて図書館で借りてしまいました。
私はサディスティック育ちゃんが大好きだったことも思い出し、
好みって変わらないんだなーとしみじみ感じました。
にしてもなんと時代を先取りした少女小説であったことよ。
ジェンダー的な意味で)
スポンサーサイト

紛失

今朝、駅の改札に定期で入りましたが、出るときパスケースは空でした。

さすがに定期を落としたのは初めて、と書いたとたん自信がなくなる落し物歴。
財布と学生証と携帯と保険証と通帳は警察に取りに行ったことある。キャッシュカードはここ10年見てない。
うん大丈夫、定期は初めて!
パスポートと印鑑は無くさないようにしたいです。

だけどなぜそんな不思議なことが…というか不思議も何も、急いで走りながら改札を通ったときに、カードだけ勢いよくスポーンと飛んでいったのに気が付かなかったんだろうな…。
帰りに最寄り駅で確認したら案の定届けられていました。
再発行手続きしたから別にもういいんだけど!
どうせ出てきたって再発行だし!(負け惜しみ)


読んだ本
■「乱鴉の饗宴(氷と炎の歌Ⅳ)」下 ジョージ・RR・マーティン
早川書房

■「覇者の戦塵 北満州油田」谷甲州
Cノベルズ
(覇者の戦塵というタイトルが霞む地味なお話だけど好き。
語り手が土木系技術者!原油掘ってるよ!)

報酬はこの口座に

「スイス銀行が秘密口座の取り扱いをやめる」というニュースを読んだのですが、今度からゴルゴ13はどこの口座に振り込みしてもらうんだろう?

脱税してたお金持ちたちはきっとこれから大変ですね。

かふん

今日は携帯を忘れ,腕時計も忘れたのに,電車が止まって連絡も出来ず,時間も分からず往生しました。

先週から天気予報に「花粉情報」が加わっているのに嫌々気がつきましたが,奴の存在はすでに目鼻が敏感にキャッチしておりました。
今年は花粉が早いです。勘弁しておくれ!

読んだ本
■「新・都市論TOKYO」隈 研吾・ 清野 由美
集英社新書

■「遙かなる星〈3〉我等の星 彼等の空」佐藤 大輔
トクマノベルズ
(内容はともかく,漢字を開きすぎて読みにくいのが気になります。
宇宙開発架空戦記として美しく終わってる(と思う)ので,無理に続きはなくても良い感じ。)

1月の読書

実家にぷらりと帰ったり何だったりしているうちに,もう一月が終わってる!

おみくじは大吉のくせに失せ物出ずとか,産後の肥立ちが悪いとか,わりあい不吉で面白かったので木に結ばず持って帰ってきてしまいました。今年は大人しくしとこう。

本棚を買ったのでとりあえず普通の本を収めました。
年末からこっち,欲望をセーブせずに本をモリ買いしていたらBとかLがつく全体的に肉色の段ボールが一箱出来てしまってどこに隠したらいいのか困っています。
ほししいたけ


最後のしいたけを楽しむために,ベランダサイズの干物干しを買ってみました。
干した!
本屋


匂いが薄くて,いまいちグルタミンが入ってない感じが弱々しいけど,ちゃんと賞味したいと思います。

いやー思ったよりしいたけを堪能しました。
と、思ったら第四世代のしいたけが生えてきた。元気なやつだ。


読んだ本
■「エペペ」カリンティ・フェレンツ
恒文社

■「遙かなる星」1・2 佐藤大輔

■「西城秀樹のおかげです」森奈津子
ハヤカワ文庫

■「どんがらがん」アブラム・デヴィッドソン
河出書房

■「乱鴉の饗宴(氷と炎の歌Ⅳ)」上 ジョージ・RR・マーティン
早川書房
(ページを繰る手が止まらないこのシリーズですが,この巻より翻訳者が変更になって続きを読んでいる感じが薄くてどーも…。
人名・地名・固定名詞の変更と,中二的〈〉括りの当て字過多で読む気力は奪われまくり。
「夜警団」が「冥夜の守り人」になってた日には笑いがとまりませんでした。
とりあえず、シンプル・重厚だった訳文がくどく・軽くなってしまったことに涙を禁じ得ず、しょうがないので積んでる原書読もうと思います。
酒井訳の「ハイペリオン」とか「タフの方舟」とかは合ってたと思うんだけど。ダン・シモンズなら今後も読むけど。心から残念)


それからあと一年程度でまた引っ越しです。人生8回目の引っ越しだよもう。
この家とも短いつきあいでした。
うちの周りで遊びたい方は早めにくるといいよ。
プロフィール

長町カノ

Author:長町カノ
本とお茶とカステラとかりんとうが好きです。
旅行番組も好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。