スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出島に気をとられっぱなしで

ちゃんと本も読んでるよ!と自分にアピール。

■陽気なギャングが地球を回す
祥伝社文庫 伊坂幸太郎

■鴨とアヒルのコインロッカー
東京創元社 伊坂幸太郎

伊坂さんの書くキャラクターに感情移入できないたちですが、大変に読みやすいので不思議に思ってます。
毎回伏線も全部消化してくれるのですっきりするし、投げっぱなしもないし、親切設計なのはすばらしい。
でも毎回へ理屈に納得がいかないのです。
でもまあ好き嫌いだからしょうがないのかなあと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじけるレモンのかおり

たぶんアナタにとっては「軽すぎる」んじゃないですかね?
伊坂はキャラやお話がとても人気ですが、私にとっての魅力とは「気の利いた台詞と青春物語みたいなさわやかさ」です。それはストーリー性とかキャラ萌えとはちょっと違うんだな。
なんだかうまく言えないけどね、でもきっとこれからも文庫が出たら買います。しかしハードカバーは買わないでしょう。そんなかんじ。

なるほど

軽すぎるとは思わなかったんだけど、そうなのかも。
あまずっぱいというにはさわやかすぎるレモンな伊坂さん。

オーデュボンが暫定一位更新中でっす。
あのラストは好きです。
プロフィール

長町カノ

Author:長町カノ
本とお茶とカステラとかりんとうが好きです。
旅行番組も好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。